格安スマホ 選び方

大手キャリアと格安スマホの選び方について

 

時代は常に進歩を続けており、かつては主流だったガラパゴスケータイから徐々にスマートフォンへと、機器の移行が進められています。

 

既に一部調査ではガラケーのシェアが、スマートフォンのシェアに追い越されたました。

 

 

体感的にもスマートフォンユーザーの増加を自覚なさっている人々は多いはずです。

 

そろそろ自分もガラケーを卒業して、最新鋭のスマートフォンに乗り換えてみるか、そう感じるサラリーマンや主婦の方々もいらっしゃる事でしょう。

 

 

スマートフォンのゲット方法は、主に2つあります。

まず大手キャリアと契約を結び、スマートフォンをゲットする方法です。

 

そして2つ目の方法としては、個人的に格安スマホサービスと契約し、別途端末を購入する方法となります。

 

 

個人の求めるニーズによって、選び方は変わります。

 

みんなと同じ選び方が常に正しいとは言えないのがスマートフォンの契約であり、

 

 

月々のランニングコストを下げたい方は、大手キャリアではなく格安スマホサービスを選んだ方が満足出来ます。

 

また大手キャリアのプランよりも格安スマホのプランの方が、個人のニーズに合ったカスタムがしやすい利点もあります。

 

 

例えば、通話メインでネット利用は殆どしない、そういった方であれば回線速度は低速にしつつ、かけ放題のオプションを付加する事でコスト・パフォーマンスを出しつつ、満たしたいニーズはきっちりクリアー出来ます。

2016/09/20 08:46:20 |

simフリー端末を格安スマホとして運用

 

最近耳にする機会が多くなった格安スマホ、格安SIMと呼ばれるサービス、これはMVNOと呼ばれる事業者がNTTドコモ、auといった大手キャリアから通信回線をレンタルして顧客に格安で通信サービスを提供しているものです。

 

利用可能なエリア・通話品質も大手と同様で通信料金を大幅に下げることができるということで非常に注目を集めています。

 

NTTドコモ系のMVNOであればドコモで購入した端末、au系のMVNOであればauで購入した端末、もしくはsimフリーの端末、SIMロック解除が可能な端末であれば利用することができます。

 

 

格安スマホの特徴として、大手キャリアとは異なりシンプルな料金形態、2年縛りなどの制限が少ない、選べるプランが多い、などがあります。

 

ただし通話料金はかけ放題に対応しているところは少なく、従量制であることからよく通話を利用する人にとっては大手キャリアから乗り換えてもさほどメリットがない可能性もあるため注意が必要です。

 

 

しかし、大手キャリアの通信料金の高止まりや、MNP時の過剰なキャッシュバックサービスが規制されたことなどから格安スマホへと乗り換える方も増加傾向にあります。

 

自分に最適なものを選ぶことで、利便性はさほど変わりなく現在より大幅に通信料金を引き下げることができる可能性があるため、一度自身の契約を見直ししてはいかがでしょうか。

 

2016/09/13 08:57:13 |

格安のSIMカードメリットなど

 

これまでSIMカードを利用した通信サービスはNTTドコモ、ソフトバンク、auといったいわゆる3大キャリアが担っていました。

 

しかし最近ではMVNOと呼ばれる事業者がNTTドコモ、auの回線をレンタルすることで大手キャリアと比較すると割安な料金での通信サービスを提供しています。

 

 

MVNOが提供しているSIMカードを利用した通信サービスはサービスは格安SIM、格安スマホなどと呼ばれ今では多くの人から注目を集めています。

 

キャリアと同様の回線を利用することから利用可能なエリアが同じ、通話品質もキャリアと同等であるといったことからも乗り換えする方も増加傾向にあります。

 

 

格安スマホのメリットとしては、上述のようにキャリアと遜色なく利用できる上に料金が劇的に安いということでしょう。

 

また、料金プランもシンプルで分かりやすく、キャリアのように2年縛りなどの制限が少ないことなどが挙げられます。

 

今では様々な業種が格安スマホのサービスを提供しているため、事業者の他のサービスと同時に契約することで割引を受けることができたり、ポイントの優遇があったりなどと、各社料金だけでなく趣向を凝らした様々なサービスを提供しています。

 

 

注意点としては、MVNOの契約者が急増した場合や、利用混雑時間帯に通信速度が低下する可能性があることです。とはいえ、web閲覧やメールの送受信などにはさほど影響しないでしょうし、多くの人にとってはメリットの方が大きいのではないでしょうか。

2016/09/07 09:10:07 |

おサイフケータイ付きの格安スマホを探す

 

おサイフケータイは通信キャリアで利用されている決済方式の一つです。

 

携帯電話やスマートフォンを決済機にかざすだけで決済され、電話料金やクレジットカードで請求されることになります。

 

小銭などを持ち運ばなくて済むなど手軽に使えるのがメリットです。ただし、この機能、国内でしか使えません。海外製の端末の多くは対応しておらず、国産のスマートフォンメーカーに頼っています。

 

格安スマホでも利用できますが、スマートフォン選択は重要です。

 

 

おサイフケータイを利用したい時に気になるのがSIMロックです。

 

通信キャリアから販売される端末の多くはおサイフケータイに対応していますが、SIMロックがあるので格安スマホで利用できないケースが多いです。

 

一部、NTTドコモ製の端末であれば、NTTドコモ回線を利用しているMVNOでは利用できますが、SIMロックがあればMVNOでは利用できないと考えておくと良いです。
(=MVNOの比較は、こちらで確認すると良いでしょう♪)

 

 

格安スマホを選ぶ際、どうしてもおサイフケータイが必要ということであれば、MVNOをNTTドコモ回線を利用しているサービスから選び、NTTドコモ製の端末を選ぶと良いです。

 

この場合、APNの設定ができる端末であれば、ロックがあっても普通に使うことができます。

2016/08/22 15:57:22 |

格安スマホへのデータ移行は容易です

 

キャリアで販売しているスマートフォンから格安スマホへの移行は難しいものではありません。

 

普通にスマートフォンを使える人間であれば容易にデータの移動などができます。SDカードに対応している端末であれば、事前に大事な音楽や画像データをSDカードに移動しておくと良いでしょう。

 

SDカードに対応していない端末はクラウド上にデータを移動しておくと良いでしょう。メールはサーバー上に保存されるため、移行のための手順は必要ありません。

 

 

後は格安スマホを起動してデータを移動するだけです。

 

ネットに接続させることができればクラウド上から自動的にダウンロードが始まり、元通りにすることができます。

 

格安スマホへのデータ移行で注意しておきたいことは端末の容量にあります。SDカードに対応してた端末であれば、あまり心配は必要ありませんが、対応していない端末は本体の容量までデータを入れることができないので注意が必要です。

 

そこさえ注意することができれば、新しい端末でも苦労することはないでしょう。

 

後は今まで通り使うことができるので、問題が新たに発生することはありません。もし自分でできないのであれば、データ移行サービスを提供している業者に依頼すると良いです。

2016/08/16 09:20:16 |

イオンの格安スマホを購入する方法

 

格安スマホの購入を検討している、そんな方はイオンの格安スマホを購入してみてはどうでしょうか。

 

イオンが提供している格安スマホには色々な端末が存在しており、価格によって選べる端末が異なっています。

 

どの端末もsimフリーの端末でどの携帯会社のsimカードも利用できるようになっています。

 

イオンが販売している格安スマホの中には国産のスマートフォンも存在していますので、外国のスマートフォンは抵抗があるという方でも安心です。

 

 

またsimカードと端末がセットになっているプランが存在しており、そのプランでは通常の契約よりもお得にサービスが利用できるようになっています。

 

契約についてですが全国各地のイオンの大型店舗で手続きが可能で、店頭には実際に端末が触れるスペースを設けているケースが多いです。

 

 

また店頭に在庫があれば契約完了後にすぐ端末をもらう事ができますのですぐに端末を触りたいという方は直接店頭で契約されるのが一番です。

 

店舗によって在庫数は異なっていますのですぐに受け取りたいという方は事前にお店に在庫があるか確認してから店頭に足を運ばれるといいでしょう。

 

また営業時間内にお店に行けないという方の場合はホームページから契約する事ができるようになっています。

2016/08/08 11:53:08 |

格安スマホはローエンドモデルからハイエンドモデルまで様々な機種が販売されています。

 

中でも一番の売れ筋はミドルスペックのモデルになります。

 

ウェブページの閲覧や動画の視聴がスムーズに行え、そこそこの3Dゲームもストレスなくプレイできるとして、格安スマホの中でもミドルスペックのモデルを購入する人が多いです。

 

 

ミドルスペックのモデルの価格は3万円から5万円になります。

販売しているメーカーによって、そのスペックには大きな違いがあります。

 

ある端末はフルHDの液晶画面ですが、ある端末はハーフHDの液晶画面であったりします。CPUの性能にも違いがあり、ある端末は最新のCPUを使っていますが、別の端末は一世代前のCPUを使っていることがあります。

 

価格によって違いがあるので、購入する前に一度スペックについて調べることをおすすめします。どこで調べたら良いのかわからないのであれば、ネット上にあるランキングサイトを参考にすると良いです。

 

 

ランキングサイトには国内で販売されている端末のスペックや価格の情報が載っています。

 

売れ筋の機種からマイナーの機種まで幅広く情報が集められます。購入するのであれば、ミドルスペックの端末が一番です。